まさひろ もろみ酢(もろみす)とは

『まさひろ もろみ酢(もろみす)』は、創業明治16年の老舗蔵元・まさひろ酒造 (旧 株式会社比嘉酒造)で製造しております。
もろみ酢とは、沖縄の地酒である「泡盛」の製造工程で発生する蒸留後のもろみを使用して出来る健康飲料で、注目の成分である GABA (ギャバ=γアミノ酪酸) や必須アミノ酸を含む18種類以上のアミノ酸、疲労回復やストレス緩和を助けるクエン酸がバランスよく含まれており、普段から美容や健康維持に気をつけられている方へおすすめ致します。

まさひろもろみ酢で

「 GABA = ギャバ 」を補給

ギャバとはアミノ酸の一種です。正式名称はγ-アミノ酪酸 (Gamma-Amino Butyric Acid) で頭文字を取り、GABA (ギャバ) といわれています。動物では脳組織に多く、植物ではカボチャ、キュウリ、ニンジン、ダイコン、トマト、ユリ科植物の花粉などに多く含まれています。この成分は人間の脳内に存在する抑制性の神経伝達物質で、リラックスに働くアミノ酸です。ギャバは発芽玄米に多く含まれている成分として現在注目されていますが、『まさひろもろみ酢』にも多く含まれている事が明らかになっています。

必須アミノ酸を補給

人間の体はその 20% がたんぱく質で構成されており筋肉や骨、皮膚、血液などを構成する要素として知られています。このたんぱく質は約20種類のアミノ酸で構成されており、そのうち 9種類が人間の体内で合成できない「必須アミノ酸」と呼ばれています。必須アミノ酸は食物より摂取する必要があり、ひとつでも欠けると体を正常に保つことが出来なくなります。また、BCAA (分岐鎖アミノ酸 注) は筋肉に多く存在する必須アミノ酸 9種類をバランスよく含んでいます。
(注) バリン、ロイシン、イソロイシン

「 キレート作用 」に注目しています

キレートとは、ギリシャ語ではさみという意味を持ちます。金属ミネラル 注 が体内で酸化される前に包み込みこまれる事をキレート作用といいます。その包み込む姿がはさみに似ているので語源となっています。一般的に金属ミネラルは水に溶けにくいため、体内に吸収されにくいものでしたが、クエン酸イオンの持つキレート作用で体内へのミネラル吸収がサポートされます。
(注) 金属ミネラル= (カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、リン) 単独の場合、そのほとんどが吸収されません。

お好みで選べるタイプをご用意

初めての方でも美味しく続けられる加糖タイプ
余分なものを加えないドライタイプなど、お客様のお好みにあわせてお選びいただけます。

  • まさひろもろみ酢ドライタイプ

    まさひろもろみ酢 ドライタイプ

    もろみ酢に糖分を加えず、そのまま商品化しました。続けてご愛飲される方が多い、人気No.1商品です。【醗酵クエン酸】【アミノ酸】【リラックス成分GABA】 をたっぷりに含んでいます。

    ご購入はこちら
  • まさひろもろみ酢加糖タイプ

    まさひろもろみ酢 加糖タイプ

    黒糖、はちみつなどを加え、初めてのかたでも美味しく飲みやすい味わいです。
    さっぱりした美味しさは、ご家族みんなでお飲みいただけます。

    ご購入はこちら
  • まさひろもろみ酢ぶどう酢入り

    まさひろもろみ酢 ぶどう酢入り

    もろみ酢にぶどう酢を加え、更においしく、フルーティーな味わいにしました。 大人から子供まで美味しく飲めるおいしさです。

    ご購入はこちら

もろみ酢Q&A

もろみ酢と黒酢は
何が違うのですか?

醗酵に違いがあります。

九州などの黒酢は酢酸発酵により醸造します。
一方、沖縄産のもろみ酢はクエン酸とアミノ酸が主成分となる醗酵ですので、匂いと酸味が少なく、あっさりした味が特徴です。

ダイエットに効きますか?

「効果的な食品」と言えるでしょう。

主成分であるアミノ酸が脂肪を燃やす筋肉の増進をうながすために、「余分な脂肪がつきにくいカラダ」がつくられます。
また「まさひろもろみ酢」には、運動による疲労を回復させるクエン酸も豊富に含まれていますので、適度な運動を取り入れてダイエットをされる方には「効果的な食品」ということがいえるでしょう。

まさひろもろみ酢の原材料にある
「ユッカ抽出物」ってなんですか?

北米原産のリュウゼツラン科の植物です。

ユッカとは、北米原産のリュウゼツラン科の植物です。
アメリカ南西部に自生し、原住インディアン薬草として使用されていました。まさひろもろみ酢はその他の保存料の添加をしていないので植物性の日持ち向上剤としてユッカの根から採取する「ユッカ抽出物」を使用しています。

いつ飲んだほうがいいですか?

基本的には朝と夜です。

基本的には朝と夜のご使用で、運動後や疲れを感じるときなど状態にあわせてご使用いただいても大丈夫です。食後は胃腸が活発に動いているので吸収されやすいでしょう。食品なので一日の摂取量の注意は設けておりません。過剰に摂取され、吸収されなかった余分な成分は体外へ排出されます。

最近、いろんな種類のもろみ酢が
発売されている中で、どれを選んでいいかわからない。

「まさひろ もろみ酢」がオススメです。

もろみ酢が優れた健康補助食品として注目され、市場にも多くの商品が並ぶようになりました。
数ある食品の中で、「まさひろもろみ酢」の特徴は成分無調整。「自然醗酵の栄養をそのままからだに取込むのが一番」という考え方です。
黒麹菌の発生するクエン酸量は季節の変動にあわせて変化します。そのため製品に若干の成分と味の差が生じますが、果物に例えると酸っぱいミカンや甘いミカンがあるように自然の状態であるという裏返しです。
いずれの製品にも、豊富なクエン酸とアミノ酸が含まれておりますので、安心してご利用いただける商品として「まさひろもろみ酢」をおすすめ致します。